コラム 2019/12/30

パン屋日記 #26 おかげさまのシェフ

タグ:
  • ハンバーガー
  • パン

町のパン屋さんで働くフワフワの日々……を想像してパン屋で働き始めた筆者が、味わい深い同僚やとんでもないお客さまとくり広げる必ずしもフワフワではない日々の記録です。

人のやさしさや仕事の本質、心に残る一言から、「かんべんしてくれよ」と思うようなできごとまで。自分や自分の身近な人のことを思い出して、ニヤッとしたりじんわりしたりしていただけたら、これ以上の幸せはありません。

#26 おかげさまのシェフ

パン屋には今年、

立派なコックさんが入社しました。

 

それはそれは立派なレストランの、

総料理長だった人です。

 

シェフが来てからのパン屋は

本当に、別のお店になったかのように

メニューが変わりました。

 

お惣菜の「揚げたてトンカツ」は、

「豚フィレ肉のミラノ風カツレツ」になりました。

 

日替わりメニューの

「エビフライランチ」は、

 

「カワハギと有頭エビのロースト

白味噌仕立てのビスクソース」

になりました。

 

カワハギはいるし、頭は付いてるし

脚やら、ひげやら、

ファッサファサです。

 

 

コックさんたちはいつも、

だいこんの葉っぱを捨てずに

取っておいてくれます。

 

坂下先生がいっとき、

だいこん葉のスープに

はまっていたためです。

 

シェフもだいこん葉を取っておいてくれたので

お礼を言うと、

 

「油炒めにしてもおいしいよ」

と、シェフが言いました。

 

「ゴマと、ごま油で炒めるの」

 

へえ、おいしそう

 

とわたしが言うと

 

「あとね、醤油とかつおぶし。

だいこん葉を塩もみにして、

ぎゅーっとしぼって

浅漬けみたいになったやつに、

醤油とかつおぶしを混ぜて

ごはんにのせて食べるの」

 

おいしいよ、と、

おいしそうな顔で

シェフが言いました。

 

 

パン屋は、今日が仕事納め。

 

ひと足先にタイムカードを切る

シェフと出くわしました。

 

かわいそうに

ここにきて風邪をひいたシェフが

ぺこりと会釈をし、

「今年はお世話になりました。

おかげさまでなんとかやれました」

と言いました。

 

年末の力を借りて、

わたしもずっと

言いたかったことを言ってみます。

 

「こんなしょぼいパン屋に入ってくれてありがとう。

来年もよろしくお願いします」

 

「いえいえ、僕は」

 

シェフが言いました。

 

「僕は、昔からここのパンが好きだったので」

 

では、ケホケホと

シェフは帰っていきました。

 

じわじわとくる

うれしみと誇らしさを抱えて、

わたしもタイムカードを切りました。

 

今年も一年、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いたします。

 

今日のパン「たくさんのパン」

第一回から始めてみた「今日のパン」コーナー。26回も続きました。甲斐さんのステキなコラム後だけに、「今日のパン」は、いちばんいらない記事なんじゃないかと思いながらも、ここまで続けられました。ネタが尽きそうなので、ここらへんで「今日のパン」は終了かな。2020年は、、、考えてみます! 甲斐さんのコラム「パン屋日記」は2020年も続きますので、来年もご愛読よろしくお願い致します!(担当編集のぼやき)

 

<コラム「パン屋日記」バックナンバーは下記へ>

パン屋日記 #24 おばちゃんという生きもの(2)

パン屋日記 #23 おばちゃんという生きもの(1)

パン屋日記 #22 おじいちゃんのダッフィー

パン屋日記 #21 年下の先輩

パン屋日記 #20 用務員の木村さんに学ぶ【この世界の全てのもの(2)】

パン屋日記 #19 用務員の木村さんに学ぶ【この世界の全てのもの(1)】

パン屋日記 #18 シェフの仕事

パン屋日記 #17 クマ崎さんのお留守番(4)足りなかったもの

パン屋日記 #16 クマ崎さんのお留守番(3)梨をむくパン屋

パン屋日記 #15 クマ崎さんのお留守番(2)青のチェック

パン屋日記 #14 クマ崎さんのお留守番(1)伝説のお客さま

 

パン屋日記 #13 立派なコックさんと熱帯魚のぶくぶく

 

パン屋日記 #12 グレードアップ

パン屋日記 #11 用務員の木村さんに学ぶ~新人の育て方

パン屋日記 #10 大きゅうなりました

パン屋日記 #9 まぶしいのはあなた

パン屋日記 #8 用務員の木村さん

パン屋日記 #7 8月のイヤリング

 

パン屋日記 #6 パン屋と動物たちの仁義なき闘い

パン屋日記 #5「おしごとでたいへんなことはなんですか」

パン屋日記 #4 瓶ラムネが開かない

パン屋日記 #3 あるパン屋での攻防

パン屋日記 #2 飛べないカラスのパン屋さん

パン屋日記 #1 お客様という神様


甲斐寛子
グルメ/人/企業

PROFILE
甲斐寛子[フォトライター]

愛媛県出身。大学進学を機に広島へ。卒業後いったんは地元で就職するも、あまりに広島が好きすぎて再移住。好きな食べ物は焼き立てのパン。現在はパン屋さんで働きつつ、地域情報や企業インタビューを書くフォトライターとして活動中。

甲斐寛子の記事一覧

関連記事

トップに戻る