ライフスタイル 2021/01/20

尾道にあるワンピース専門店「古着屋 ミミズク」の店主が推す一冊『ミミズクと夜の王』【人生の節目節目で読み返していきたい】

タグ:
  • おすすめ
  • 横川

『ミミズクと夜の王』(作:紅玉いづき/発刊:メディアワークス)

自分のことを「ミミズク」と名乗る死にたがりやの女の子と、人間嫌いの夜の王のファンタジー。

中学生の頃初めて手に取り涙した、思い出の一冊です。

全体的に童話のようなテイストでピュアな感情に溢れています。

大人になった今でも再読するたび涙が込み上げます。

絶望の中にあっても希望の光が見えるような、悲しくて、せつなくて、優しいお話。

ミミズクが歩みを進めるごとに自分を知り、他者の思いに気付けるようになるところに心をつかまれます。

私もまた、そんなミミズクのように成長していければと、店名に同じ名前をつけました。

人生の節目節目で読み返していきたいし、そのたびに新たな気付きがあるだろうと思える、大切にしたい物語です。

<関連記事>

店名は小説のタイトルをオマージュ! 自分だけの一枚が見つかるヴィンテージワンピース500着のクローゼット【古着屋 ミミズク/尾道市三軒家町】


関連記事

  • 関連記事はありません
  • トップに戻る