グルメ 2018/07/06

一人でも中華料理が食べられる立ち飲み屋【横川】‐ちゅうかなやま‐

タグ:
  • 立ち飲み

「二軒めは少し変わった立ち飲み屋にも行ってみたい!」そんな願望を叶えてくれるのが立ち飲み。個性豊かな店が増えてきたなかで、中華料理メニューをメーンに提供する広島市西区にある立ち飲み屋「ちゅうかなやま」を紹介。

中華料理を一人でも気軽に楽しめる立ち飲み屋

壁の塗装や天井の打ちっぱなしコンクリートがほかの立ち飲み屋にないカジュアルさを感じさせる店内

立ち飲みの文化に魅せられて、28歳という若さで店を開いた店主が、2017年7月7日にオープンした。約3年間、中区にある立ち飲み屋で働いた後、「中華料理を一人でも気軽に楽しめる立ち飲み屋を始めたい」という思いを胸に、広島市内の中華料理店に何度も足を運び、独学で研究を重ねて店を立ち上げた。

皮から手作りしている水餃子(324円)

よだれ鳥(486円)

料理は山陰の食材を多く取りそろえた中華料理がメーン。その中華料理でも難しい料理の一つに水餃子がある。もちっとしたほど良い弾力が出るように、時間をかけて生地を練っているという店主こだわりの水餃子は、肉汁がたっぷりと入っている。独学で研究した成果があらわれたおすすめの一品だ。8種のスパイスで味付けした蒸し鶏は、日本酒によく合う。

紹興酒(400円~)と生ビール(400円)

お酒は日本酒のほかに、立ち飲みでは珍しい紹興酒も常備。中華料理には紹興酒が合うが、意外と日本酒との相性も良い。日本酒の種類は店主に聞けば丁寧に教えてくれる。

客から愛される店主(写真左)

「役職関係なく、お客さん同士が自然と仲良くなる。それが立ち飲みの面白さです」と、店内では常連客や一見さんがすぐに仲良くなり、笑顔が絶えないという。「お客さんが優しい人ばかりで、忙しいときは助けてくれます」と笑う店主は、アットホームな立ち飲み屋を目指しているという。

安くておいしい料理やお酒を楽しみに行く立ち飲み屋と、店主に会いに行きたくなる立ち飲み屋。「ちゅうかなやま」は、両方の願望を叶えてくれる立ち飲み屋だ。

店名 ちゅうかなやま
電話 080-3873-2227
住所 広島市西区横川2-14-11
営業 14:00~24:00(LO23:00)、日曜~23:00(LO22:00)
休み 火曜日

ちゅうかなやまの詳しい記事は、書店やコンビニ、Amazonで発売中『FLAG!Vol.12 広島で楽しく飲めるお酒が、好きだ。』で!

<関連記事>

魚が旨い女性に人気の立ち飲み屋【袋町】-魚寅-

くんせい自慢の老舗立ち飲み屋【袋町】-火場忠‐

新選な魚料理が安い立ち飲み屋【紙屋町】-サケサケ‐


FLAG! vol.12 広島で楽しく飲めるお酒が、好きだ。

FLAG! vol.12 広島で楽しく飲めるお酒が、好きだ。

みなさん、お酒を楽しく飲めていますか? 難しいことは考えずに、楽しくお酒が飲めれば、それで良い。立ち飲みでの一期一会、シチュエーションを楽しみながら飲むお酒、友達と飲むお酒、家族と飲むお酒、一人酒……。いろんな状況で、いろんな人たちと会話を交わし、好きなことをしながら飲めるお酒が好きなんです。100ドル札に載っているお酒好きで有名なベンジャミン・フランクリンは「酒をおいしく飲めないところに良い人生もない。」と残している。本誌は、この言葉をキーワードに編集が取材してきた記録です。
amazonで購入する

堀友良平
モノ

PROFILE
堀友良平[妄想好き]

学研ホールディングスでエンタメ系雑誌やムックを手がけてきた編集者。芸能・サブカル・カメラ好き。妄想を得意とする。FLAG!副編集長/FLAG!web編集長。ほか書籍やムック編集を手がける

堀友良平の記事一覧

関連記事

トップに戻る