グルメ 2018/06/23

くんせい自慢の老舗立ち飲み屋【袋町】-火場忠‐

タグ:
  • 立ち飲み

「今日は会社で嫌なことがあったから、定時で退社してサクッと飲みたい!」そんな方におすすめなのが、立ち飲み。16時から開店する店や、早い店は朝から営業する店もあります。

家呑み感覚でちょっと一杯

夜は19時前からお客でにぎわう

9年前にオープンした火場忠は、広島の立ち飲み屋のパイオニア的存在だ。店の中はいつもにぎやかで、隣の人の声さえ聞こえないこともある。

「火場忠」を始める前までいろいろな店で経験を積んできたオーナー

店を切り盛りするオーナーは、コミュニケーションが取りやすい店にと、結果、常連客はとてもフレンドリーで、一見さんでも気づけば隣の人と肩を組んで飲んでいるという。

クリームチーズのくんせいはやみつきに!

店主自慢のクリームチーズのくんせい(250円)

料理はその日の仕入れによって日替わりとなる。日本酒は広島の酒がメーンとなるが、時期によって扱う銘柄も変わる。店長は「どれを飲めばいいか迷ったら、店長の私に任せてください。料理に合った一杯をお出ししますよ」。

赤いのれんと提灯が目立つ

客層は幅広く、女性客の姿も珍しくない。また男性客は単身赴任者や出張族など県外の人が多いという。そういう客が地元の客と仲良くなり、ほかの店へ流れていくパターンも、この店では日常茶飯事だ。

「乾杯!」の声が絶えない店内

「とにかく、自分の家で飲む感覚で気軽に使ってください」というオーナー。その言葉通り今日もこの店からは、くつろいだ明るい声が聞こえてくる。

店名 火場忠
電話 082-249-5363
住所 広島市中区袋町2-28
営業 17:00~24:00(LO23:30)
休み 不定

<関連記事>
魚が旨い女性人気の立ち飲み屋【袋町】-魚虎‐

 


FLAG! vol.12 広島で楽しく飲めるお酒が、好きだ。

FLAG! vol.12 広島で楽しく飲めるお酒が、好きだ。

みなさん、お酒を楽しく飲めていますか? 難しいことは考えずに、楽しくお酒が飲めれば、それで良い。立ち飲みでの一期一会、シチュエーションを楽しみながら飲むお酒、友達と飲むお酒、家族と飲むお酒、一人酒……。いろんな状況で、いろんな人たちと会話を交わし、好きなことをしながら飲めるお酒が好きなんです。100ドル札に載っているお酒好きで有名なベンジャミン・フランクリンは「酒をおいしく飲めないところに良い人生もない。」と残している。本誌は、この言葉をキーワードに編集が取材してきた記録です。
amazonで購入する

堀友良平

堀友良平[株式会社ザメディアジョンプレス 企画出版編集・FLAG!web編集長]

東京都出身。学研からザメディアジョンプレスへ転職。企画出版、SNS、冊子などの編集担当。書籍「古民家カフェ&レストラン広島」などのグルメ観光系や、「川栄里奈、酒都・西条へ」などのエンタメ系なども制作。学研BOMB編集部時にグラビアの深さを知りカメラに夢中

堀友良平の記事一覧

関連記事

トップに戻る