グルメ 2020/05/09

プロが届ける安心のデリバリー【広島市中区】

タグ:

新型コロナウイルス拡大防止のため、広島県の要請に協力し、テイクアウト、デリバリーを始めた飲食店が増加。同時に、そのテイクアウト自体を支援する団体もいくつか立ち上がっている。

そんな数ある活動の中で、中区の繁華街で居酒屋やバーを経営する「中本商会」と、配送会社こころが、独自の方法でテイクアウト&デリバリーをメインに「広島飲食救援デリバリー」を開始した。

約50店舗がデリバリー参加

こころの社長の山本悟史さんが、飲食店の苦しい状況をなんとかしたいと中本さんに連絡をしたのがきっかけとなり、中本さんがフェイスブックで飲食店に呼びかけて、その輪を広げている。

中本さんは「山本さんとは同級生。彼が配送業をしていたこともあって、デリバリーはすぐに思いつきました。私も出前を考えていたけど、配送手段をどうするか考えていたときだったので、すぐに動けました」と、今では約50店舗の飲食店が参加している。

確かに、簡単にデリバリーといっても、スタッフが足りていない店がほとんど。始めたくても店頭販売が限界という店にとって、プロの配達ドライバーがデリバリーしてくれるのは、安心かつ安全で頼もしい。

配送エリアは南区の全域と東、西区、府中町の一部。配送料は500円一律。

ネガティブなニュースが目につくなかでも、中本社長は「デリバリーが軌道に乗れば、きっと終息後にはプラスになっているはず。今はできることをやるだけです」と前を向いている。

広島県では5月に段階的に緩和していく方針を示しているが、営業再開後こそ本当の厳しさが待ち受けている。こうしたケースに柔軟に対応できる準備が必要かもしれない。

 

▼注文は下記をタップ▼
広島飲食救援デリバリー
【受付時間】11:00~14:00、17:00~20:00

 


堀友良平

堀友良平[Flag!Web編集長]

妄想好き

堀友良平の記事一覧

関連記事

トップに戻る