グルメ 2019/07/10

宮島でアナゴが食べたい! 宮島アナゴ飯4選

タグ:
  • アナゴ
  • ランチ

広島といえば、ウナギではなくアナゴ! 宮島といえば、アナゴ! とにかくアナゴ! 

丼や重など食べ方はいろいろあります。

古民家でアナゴを食べる

厳島神社のすぐ裏手に位置する水羽茶屋は、江戸時代に芝居小屋だった町屋を改修してできた料理店。水羽のあなごめし(1890円)は外は香ばしく中はふっくら。自家製のタレと肉厚の身がたまらない。

店名 芝居茶房 水羽
電話 0829-44-1570
住所 広島県廿日市市宮島町大町1-2(Googleマップはこちら)
営業 10:00~17:30
定休日 不定

明治創業の老舗で食べる

メニューはあなごめし(2000円)のみという、こだわりのあなごめし専門店。天然活きアナゴを素焼きにし、注文を受けてから2~3回タレ付けをして焼き上げる。たくさんのアナゴに隠れているせいろ蒸しにしたご飯とタレの絡みに思わずうっとり。

店名 ふじたや
電話 0829-44-0151
住所 広島県廿日市市宮島町125-2(Googleマップはこちら)
営業 11:00~17:00
定休日 不定

約100年の継ぎ足しタレ

大正期築の旧家で味わうあなごめし(吸物、漬物付き1900円)は、串打ちから焼きまで丁寧に調理されたアナゴと、オリジナルの継ぎ足しタレが自慢の一品。

店名 山代屋
電話 0829-44-0258
住所 広島県廿日市市宮島町102(Googleマップはこちら)
営業 11:00~16:00
定休日 不定

煮アナゴを食べる

穴子陶箱飯(1950円)は、アナゴのだしでふんわり炊き上げたご飯の上に、蒸した軟らかい煮アナゴをのせ、ふわっとした味わい。宮島では夜遅くまで営業している店の中の一軒で、地酒も楽しめる。

店名 お食事処 まめたぬき
電話 0829-44-2152
住所 広島県廿日市市宮島町1133(錦水館内)(Googleマップはこちら)
営業 11:00~15:30
17:00~23:00
定休日 なし

 

店によってタレの味や、さばき方、作り方で見事に味わいが違います! お腹に余裕があれば、食べ比べてみてもおもしろいです!

●記載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください


堀友良平
モノ

PROFILE
堀友良平[妄想好き]

学研ホールディングスでエンタメ系雑誌やムックを手がけてきた編集者。芸能・サブカル・カメラ好き。妄想を得意とする。FLAG!副編集長/FLAG!web編集長。ほか書籍やムック編集を手がける

堀友良平の記事一覧

関連記事

トップに戻る