ライフスタイル 2020/07/23

「感覚」で楽しめる一冊

タグ:
  • おすすめ
  • 横川

広島市中区にある本屋兼カフェバー「りんご堂」の店主がすすめてくれた2冊を紹介!

「美しいからだよ」(著:水沢なお/発売:思潮社)

詩は解釈が難しいものが多いですが、水沢さんの詩はいたずらに難しいだけではなく、文章を読むことによって物語が見えてくるんです。自分なりに解釈しやすくて、それが面白い。全体的に水沢さんの詩は「不穏」や「不気味」というか、「湿度が高い」と評されることもあって、不思議な世界観を堪能できて、実用書やビジネス書とは正反対の「感覚」で楽しめる一冊です。

 

「ことばと」(発売:書肆侃侃房)

いろんな作家さんが記事を寄せているムック本です。知る人ぞ知る作家さんが並ぶ中で、広島出身の片島麦子さんも記事を寄せてるんで、同郷としては注目してほしい作家さんです。

<関連記事>

新スタイル! 喫茶店風の本屋 「町から本屋を無くしたくない」【中区】

自分らしさを取り戻せる一冊

カフェでまったり読みたい絵本

疲れた心を癒やす優しい文字

美しい写真を見て旅を決める楽しさ

愛について考えさせられる一冊


関連記事

  • 関連記事はありません
  • トップに戻る