コラム 2020/03/25

パン屋日記 #34 贈る心と返す心

タグ:
  • パン
  • パン屋
  • 食パン

町のパン屋さんで働くフワフワの日々……を想像してパン屋で働き始めた筆者が、味わい深い同僚やとんでもないお客さまとくり広げる必ずしもフワフワではない日々の記録です。

人のやさしさや仕事の本質、心に残る一言から、「かんべんしてくれよ」と思うようなできごとまで。自分や自分の身近な人のことを思い出して、ニヤッとしたりじんわりしたりしていただけたら、これ以上の幸せはありません。

#34 贈る心と返す心

会社でお香典を集める機会が、

立て続けにありました。

 

社員から1000円ずつ

ほんの気持ちを集めて上司にお渡ししたときは、

お花の刺繍が入った

1000円のハンカチが返ってきました。

 

また別のパートさんのときに

みんなで500円ずつ出し合って

お香典をお渡ししたときは、

一人ひとりに、

500円分の商品券が返ってきました。

 

来年成人式を迎える

後輩のこうめちゃんが、

すっかり「わからない」の

顔をしています。

 

「大人って、

不思議なことするでしょう」

と、声をかけました。

 

何も贈らず、何も返さなくても

プラスマイナスゼロ。

1000円渡して、1000円返ってきても

プラスマイナスゼロなのだけど、

 

気持ちは、目には見えないから。

 

物に込めたり、お金に替えたりして

気持ちの交換をしているんですよ、

と教えました。

 

後輩に説明してあらためて、

そういったやり取りの

あたたかさや味わい深さを

しみじみと感じたのでした。

 

今日の食パンアレンジ ♯08

FLAG!vol.04「&パン」での企画で、実際に編集が30品目の食パンアレンジを試食してグラフ化した企画。意外とね、おいしいアレンジあるんです! そうでないものも、ありましたが……。興味ある方は、ぜひお試しあれ!(担当編集のぼやき)

パン屋日記 #33 坂下先生のコーヒー

 

パン屋日記 #32 用務員の木村さんと侍の花

 


甲斐寛子

甲斐寛子[フォトライター]

愛媛県出身。大学進学を機に広島へ。卒業後いったんは地元で就職するも、あまりに広島が好きすぎて再移住。好きな食べ物は焼き立てのパン。現在はパン屋さんで働きつつ、地域情報や企業インタビューを書くフォトライターとして活動中。

甲斐寛子の記事一覧

関連記事

トップに戻る