ライフスタイル 2020/09/08

横川にある「アート・サブカルの小さな古本屋 マハ本店」の店主が推す一冊『『古本乙女 日々是口実』【古本好きあるあるエピソードが満載】

タグ:
  • おすすめ
  • 横川

『古本乙女 日々是口実(ふるほんおとめ ひびこれこうじつ)』(著者:カラサキ・アユミ/発刊:皓星社 )

古本屋や古本市が大好きな著者がまとめた、古本好きあるあるの4コマコミックエッセイです。これを読んだらほとんどの古本好きが「そうそう」とうなずくはず。例えば、他人とぶつかって普通だったら「ごめんなさい」というところを、古本市だとなぜか目を見合わせ黙ってお辞儀をする。デートをしていても新しい古本屋を見つけたら、ちょっとトイレ行ってくると言って20分したら両手に本を持って帰るとかね。ほんとにそうなんですよ。とにかくあるある。「そうだよね、それでいいよね」と自分を納得させる内容が満載の本。笑えるけど・・・苦笑いです。

<関連記事>

本好きが集まるコミュニケーションの場に 店主のセンスとこだわりが光るファン待望の古本屋【横川/マハ本店】


関連記事

  • 関連記事はありません
  • トップに戻る