グルメ 2018/02/15

広島でこだわりのお茶を楽しめる場所3選。(日本茶・台湾茶・中国茶)

タグ:
  • お茶
  • 尾道市

暑い日でも、寒い日でも、静かにホッと一息つける「お茶」を嗜むなんて、いかかがですか?  店主の心温まるエピソード付き。心も体も温まる1杯です。

世羅茶復刻を進める、無農薬茶『日本茶専門店By Tea Factory Gen』

広島県のほぼ中央の世羅町に、お茶の栽培から販売までを一手に担う人がいる。それがTea Factory Gen代表の髙橋玄機さんだ。大学を卒業後に京都のお茶屋に就職。その後、有機栽培でお茶を生産する鹿児島の会社に転職した。「そこでお茶づくりを学ぶうち、販売まで含めた全部を自分でやれたら面白いだろうなと思うようになりました」。それから会社を辞め、各地で自然農法を学んだ髙橋さんは2016年3月、世羅の地で事業を起ち上げた。

尾道の店舗では、新しく見出したお茶のおいしい飲み方を提案する予定

世羅町は高齢化の波にもまれ、耕作放棄された茶畑が多いという。「それを借り受けてお茶を生産し、その対価を貸主の農家さんに支払う。これがサイクルとして回りだしたら、お茶が産業として復活するのではないかと考えたんです」。起業から1年余り、お茶に対する熱い思いが届き、お茶を広めるワークショップやWEBストア以外にも、活動範囲を広げつつある。そんな彼が尾道市に日本茶専門店 SSSU-庵 をオープンさせる予定だ。また広島市内の美容室や雑貨屋、広島三越店内で購入できたり、京都のゲストハウスや広島市・尾道市のカフェや飲食店でも味わえる。

お茶はすべて化学肥料も農薬も使わない有機農法で栽培される

ブランド名 Tea Factory Gen
HP http://tea-factory-gen.com/
オンラインストア https://shop.tea-factory-gen.com/

 

お茶が好き。店主の好奇心が溢れる『雲間』

各所でお茶を淹れるライブ活動を行っていた寺本紫織さんは、『雲間』という店でお茶の楽しさを伝えている。『雲間』という名前は、お茶を飲んだ瞬間、おいしい! という一筋の光が差すような体験をしてほしいという思いからだ。

台湾、中国、日本と産地にこだわらず、おいしいと思ったお茶を提供

寺本さんがお茶を振る舞うことの本当の意味に気づかされたのは、東日本大震災が起きた翌日のことだった。「お茶会に来ていただいた人たちも不安顔でしたけど、お茶を飲むと気持ちが落ちついたみたいで、知らない人同士が自分たちにできることを頑張ろうって話し合ったりして。それがすごいなって思いました。ほっこりして、勇気ももらえる。これがお茶の力なんだと」。

火曜から土曜の13~ 18 時がカフェタイム。本格的な抹茶もいただけるが、自由に飲んでほしい、とのこと

それからお茶道具を引っ提げてギャラリーやイベント会場などを回るようになった寺本さん。いつしか「次はどこで飲めるんですか?」という声が大きくなった。「ディレクター時代の縁でサイエンスカフェに携わっていたんです。それもあって、平日の午後はいつでもお茶が飲めて、週末にはイベントが開ける場所を持とうと思い立ちました」。そうしてオープンした『雲間』。

普段の暮らしにもおいしいお茶を。という思いから店で出しているお茶や茶器も購入できる

店では数種類の日本茶、台湾茶、中国茶が楽しめる。また、店ではサイエンスカフェなどのイベントや、お茶の歴史や美味しい淹れ方を学ぶお茶教室も開いている。お店でお茶となると、堅苦しい作法を気にしがちだが、教室では正しい作法も教えるが、店では基本的には作法は自由だという。煎茶道の茶器で台湾茶を淹れるという自由さだ。これからも楽しいお茶を提供していく。

 

お茶の時間 雲間

電話 082-554-0076
住所 広島県広島市中区白島北町16-22 横林ビル 1F
営業 火~土曜 13:00 ~ 18:00
休み 日・月曜
HP http://kumoma.net/index.html

医食同源。日本茶を『田頭茶舗』

「カフェを展開したのも、身近なところでたくさんの人にお茶文化に触れてほしいと思ったからなんです」と、日本茶カフェ田頭茶舗をプロデュースする田頭茶店代表取締役の吉長邑彩さん。その思いの裏には、一つの経験がある。

カラダとココロにやさしいお茶を、ぜひ!

「以前、私は難病に罹って苦しみました。そのとき、食べたものが細胞や血液を作るという話を聞いて、口に入れる物から見直して体を治そうと思ったんです。その一つがお茶だったんです」。医食同源。それは田頭茶舗のテーマの一つだ。

抹茶<お菓子付>……抹茶は『八女の露(八女)』(500円)『、九重の昔(宇治)』(500円)『、天壇の昔(宇治)』(860円)の3種から選べる

「日々の暮らしの中でお茶をもっと楽しんでもらいたい。きっと体も心も豊かになるはずです」。現在は、広島市内にとどまらず、東京、福岡でも購入可能。ティーバッグや日本茶カフェ、またセミナーなどを通じ、身体に良いお茶と、お茶文化そのものを広めていく。

田頭茶舗 LECT 店

電話 082-942-6532
住所 広島市西区扇2-1-45 LECT 1F
営業 10:00 ~ 21:00( 店内で飲食の場合 LO20:30/テークアウトの場合LO 21: 00)
休み LECTに準ずる
HP http://yuicha.jp/

 

いかがでしたか?広島の「お茶」情報をもっと知りたい方は、『FLAG!Vol.08 茶を楽しむヒント。』をお楽しみください。

 


FLAG!08 &茶 ~茶を楽しむヒント。~

FLAG!08 &茶 ~茶を楽しむヒント。~

「広島でお茶を楽しむヒントがここにある!」広島県内でお茶と向き合い、お茶を楽しむ人たちを紹介! そんな、お茶を楽しむ人たちから学ぶお茶スタイルを提案! 尾道の茶屋「今川玉香茶舗」伝授するお茶入門や、お茶が飲めるお店、お茶と一緒に堪能したい和菓子、お茶を楽しむためのグッズなどを紹介。 また、上田宗箇流が話す「茶道」の心得や、お茶による美容効果など、広島でお茶の本質を学び楽しめる一冊に。
amazonで購入する

堀友良平

堀友良平[株式会社ザメディアジョンプレス 企画出版編集・FLAG!web編集長]

東京都出身。学研⇒ザメディアジョンプレス。企画出版、SNS、冊子などの編集担当。書籍「古民家カフェ&レストラン広島」などのグルメ観光系や、「川栄李奈、酒都・西条へ」などのエンタメ系なども制作。学研BOMB編集部時にグラビアの深さを知りカメラに夢中

堀友良平の記事一覧

関連記事

トップに戻る