グルメ 2019/01/18

手土産にぴったり! 瀬戸内海の海の幸グッズ7選

タグ:
  • お土産
  • お店

冬に旬を迎える「海の幸」グッズ

広島には、瀬戸内海の海の幸を使った絶品グルメがたくさん!

県外の友達や家族に渡す手土産でセレクトすると、きっと喜ぶだろう!という商品を7つピックアップ!

1.川中醤油の「芳醇天然かけ醤油」

広島の自然が生んだ本醸造醤油にカツオと昆布のダシを独自の比率でブレンド。どんな食材にも合う、塩分控えめで醤油でだけでは味わえない深い味わいで食材の味を引き立てるダシ醤油。

2.広島県漁業協同組合連合会の「かきの佃煮」

全国のかき生産量第一位を誇る広島県で大切に育んだかきを醤油ベースのタレで炊き、甘辛い佃煮に仕上げた。いつでも手軽に広島かきの濃厚な味わいを楽しめる。軟らかくて濃厚な味わいはごはんと一緒に食べるのはもちろん、お酒のおつまみにも最適。

 

3.わたやの室の「赤ワインに合う薫製牡蠣のオリーブオイル漬け」

他にはない、ぷりぷりの食感。宮島周辺海域のかきのなかでも身が大きくうま味成分たっぷりの春先に収穫したものを使用。うま味をそのままに、桜チップでゆっくり時間をかけて丁寧に作りあげたかきの薫製。

4.珍味処なかむらの「広島の味   かきめし2人前」

 

数百キロのお米を用いて、試行錯誤の末に創り出された味わい。粒のそろったかきと生姜のみを使い、培ってきた伝統の技で丁寧に炊き上げている。炊き上げとともに甘い香りが広がり、かきのうま味がご飯にしみ渡る。

5.島田水産の「かきグラマン4つ入り」

島田水産のかきがまるごと一粒入った中華まん。ソースは、かきと相性抜群のホワイトソースを使用。かきクリームグラタンをイメージしている、女性でも食べやすい。小ぶりサイズ。

6.ヤマトフーズの「レモスコ牡蠣カレー」

じっくり炒めたタマネギと10種類以上のスパイスに自家製のペシャメルソースのコクをプラス。一晩レモンに漬け加え、「レモスコ」でアクセントをつけたピリッとおいしい瀬戸内カレー。

7.牡蠣屋の「牡蠣屋のオイル漬け」

厳選したかきをオイスターソースに絡めながら低温オーブンでじっくり焼き上げ、この工程を数回繰り返しながら、ソースの浸透具合と牡蠣の水分状態を整え、ゆっくりと仕上げる。濃厚なかきの味わいはまるでチーズを彷彿とさせるまろやかな口当たりへと変化する。

 

そのほかにも、広島にはまだまだ冬に旬を迎える海の幸グッズがたくさん。

スーパーやデパートで見かけたら手に取ってみてはいかが。

もっと海の幸グッズについて知りたい方はこちら

2018年11月1日(木)~2019年2月28日(木)限定

瀬戸内海の魅力が詰まったキャンペーン「かき海鮮食堂」を開催中!


関連記事

トップに戻る