グルメ 2020/03/25

季節ごとのメニューで世羅の恵みを味わう古民家カフェ【世羅町/雪月風花 福智院】

タグ:
  • お茶
  • 世羅
  • 世羅町
  • 世羅茶
  • 古民家カフェ
  • 広島

世羅町には、弘法大師が開いたといわれている「今高野山」の参道がある。その参道沿いにある古民家カフェ「雪月風花 福智院」。店主の吉宗五十鈴さんが「人の行き交う場所をつくりたい」という思いで、元々宿坊だった築170年の建物にてオープンさせた。

開放的な空間

店主の吉宗五十鈴さん

 

豆乳など世羅の恵みを利用

ひろしま在来 煎茶(660円)

世羅の米粉や豆腐を使用した白玉ぜんざいや、世羅の豆腐工房の豆乳を使った汲み上げゆば膳など(冬季限定)世羅の恵みをふんだんに使ったメニューが味わえる。また地元で栽培されている無農薬・無肥料で栽培された茶葉を使って作られているほうじ茶や煎茶、和紅茶なども味わえる。世羅で無農薬・無肥料でお茶栽培を行なっているTea Factory Genで作られた煎茶は、世羅在来茶特有の甘み、香り、爽やかな渋みが口の中いっぱいに広がるお茶。2煎、3煎と楽しめるのも特徴だ。

パフェやカレーなど季節ごとに変わるメニュー

食事メニューや甘味メニューは季節限定のものもあるので何度訪れても楽しめるのがうれしい。昨年の夏は、かき氷を紹介した。

写真映えする景色も人気

和室から眺める庭は、春は桜、夏は青紅葉、秋は紅葉、冬は雪景色とさまざまな姿を見せてくれる。インスタ映えするスポットとしても話題のカフェだ。

喫茶を楽しんだ後は、世羅町や広島の特産品を販売しているフロアで、贈り物やご自宅用のお土産を選ぶのも楽しい。実際にお店で使用している広島産のジャムや調味料、お茶などが販売されている。

店主の地元でもある三重県の萬古焼の茶器も販売している

 

<関連記事>

移ろう景色と日本茶を楽しめる築170年の古民家カフェ【世羅】

 

紹介したお店はこちら


堀友良平

堀友良平[Flag!Web編集長]

妄想好き

堀友良平の記事一覧

関連記事

トップに戻る