PR 2021/04/05

大山百合香&佐々木リョウのコラボ曲『image』発売! 

タグ:
  • image
  • 佐々木リョウ
  • 大山百合香
  • 新曲

インディーズながら地元・ 三次市で 1000 人ホールでのワンマンライブを成功させた実力派アーティスト ・ 佐々木リョウと 、 兵庫を拠点に活動する大山百合香のコラボレーションCD『image』が発売しました。

普段は別々のソロミュージシャンとして活動している2人が、コロナ禍で大切な人に逢えなくなったこの時代に、特別ユニット・大山百合香&佐々木リョウとしてクラウドファンディングを通じて当プロジェクトを立ち上げました。大切な人たちとの絆によって作られた最新作です。

こんな時こそ音楽の力を借り、「皆さんの心にそっと寄り添いながらも背中を押せる」をコンセプトのもと書き下ろされたという同曲。

 

「〝配信〟という便利な技術を駆使すれば、わざわざCDにしなくても、クリックひとつでお届け出来ることは重々承知しています。しかしながら、こんな時代だからこそ、コロナ渦を共に歩んだ証と、これからの未来への準備を、この作品にぎゅっと詰めんでお届けしたいと思っています」(大山百合香&佐々木リョウ)

■収録曲
1.image
2.Memories
3.STAY EARTH
4.image ~Piano Ver.~
5.image ~instrumental~

タイトル image
アーティスト名 大山百合香&佐々木リョウ
JANコード 4560254882204
発売日 令和3年4月3日
販売価格 1500円(税別)
販売元 Good Lily Records
流通 株式会社ザメディアジョン

■アーティスト紹介

大山百合香

鹿児島県奄美群島の沖永良部島出身。‘05年SONYMUSICよりデビュー。3rd singleに収録されたモンゴル800のカヴァー「小さな恋のうた」がエースコック『スープはるさめ』のCMに起用され、有線、着うた(R)を中心に話題に。NHK『関口知宏の中国鉄道大紀行』テーマ曲「光あるもの」、『河童のクウと夏休み』主題歌「夏のしずく」などをリリース。’15年より三次市を拠点に活動を続け、’20年より兵庫県神戸市に移住。

佐々木リョウ

1988年生まれ。広島県出身のシンガーソングライター。14歳でライヴハウスデビュー。18歳の時に全国高校生創作音楽大会「音楽甲子園2006」にてグランプリを取得。広島刑務所や福祉施設への慰問ライブやPeaceコンサート、広島東洋カープとのコラボレーションなど地元での活動も精力的に行っている。まるか食品株式会社イカ天瀬戸内れもん味PR大使。RCCラジオ『佐々木リョウのバリAじゃんラジオ』毎週月曜日19:30~20:00 ON AIR!!

 


堀友良平

堀友良平[株式会社ザメディアジョンプレス 企画出版編集・FLAG!web編集長]

東京都出身。学研⇒ザメディアジョンプレス。企画出版、SNS、冊子などの編集担当。書籍「古民家カフェ&レストラン広島」などのグルメ観光系や、「川栄李奈、酒都・西条へ」などのエンタメ系なども制作。学研BOMB編集部時にグラビアの深さを知りカメラに夢中

堀友良平の記事一覧

関連記事

トップに戻る